So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

小沢氏再聴取、見送りへ=関与捜査は継続−政治資金規正法違反事件(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」による土地取引をめぐる事件で、東京地検特捜部が、小沢氏への2度目の事情聴取を見送る方針を固めたことが27日、関係者の話で分かった。小沢氏は23日の聴取に、政治資金収支報告書の虚偽記載への関与を全面否定していた。
 特捜部は、小沢氏の供述内容に疑問点はあるものの、事件に対する同氏の主張をまとめた供述調書を作成したことで、任意聴取による最低限の目的は果たせたと判断したもようだ。引き続き、同氏の事件への関与の有無を捜査する。 

【関連ニュース
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

菅家さんに年金受給資格、通知書受け取る(読売新聞)
在外公館の文書開示遅れ、やむを得ない…仙台高裁(読売新聞)
<自民党>政治資金問題で決定打を欠き「戦う野党」見えず(毎日新聞)
ノムさん「自民は巨人の心境で負けた」…自民党大会(スポーツ報知)
「負けに不思議の負けなし」=ノムさん、自民党大会で辛口分析(時事通信)

<菜の花>菜の花満開で一足早い春 神奈川県二宮町で(毎日新聞)

<足利事件>92年2月7日の地検聴取テープ(2)(毎日新聞)

 ◇92年2月7日

 検事 君が女の子をね、見つける時。どの事件もね、みんな女の子しゃがんでるんだよね

 菅家 やはり……

 検事 ちょっと違うんじゃない? 違うのはないかい?

 菅家 ……しゃがんでたような気がするんですよね、みんな

 検事 有美ちゃんのことね、ちょっと思い出してもらいたい

 菅家 はい

 検事 有美ちゃんね、連れ出す前のことなんだけど、誰かと遊んでいたでしょ? それ以上のことは僕はもう言わない

 菅家 ……

 検事 よく思い出してもらいたい。それが誰であるか。どういう人であるか

 菅家 ……

 検事 遊んでいるところを連れ出した、という状況はないだろうか?

 菅家 もしかしたら、駐車場で、女の人がなんか、まあ、居たような気もするんですけどね

 検事 もう一回考えてもらいたいのはね。声かけたね。かけ方が、今まで君が説明した通りだったのかどうか。もうちょっと別のことがなかったのか。いきなり自転車でね、そば行って、声かけたんだって言うけど、もうちょっと別のいきさつがなかったかどうか

 菅家 別の

 検事 うん、そこを思い出してもらいたい

 菅家 (ため息)……そこのとこは分かんないです

 検事 誰かと遊んでいなかったかなと聞いている。誰かというのが大人か子供かね、あるいは男か女かね。どんなことをしていたかね

 菅家 ……遊んでいたとすれば、女の、女の子だと思うんですけど

 検事 女の子だと思う

 菅家 はい

 検事 どんな子が。君、その遊んでいた情景っていうのかねえ、記憶に残っているかな?

 菅家 ……

<雑記帳>高橋尚子さん、北海道で野菜づくり(毎日新聞)
<彬子さま>皇族2人目の博士号を取得(毎日新聞)
規正法違反 有権者欺く「実質犯」(産経新聞)
<可視化法案>今国会提出「難しい」…千葉法相ら(毎日新聞)
全国議長会「参政権で地方の意見聴くべき」(産経新聞)

地検捜索の2社、鹿島と密接=顧問・社長に元幹部−胆沢ダム下請け受注(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる事件で、東京地検特捜部の家宅捜索を受けた中堅ゼネコン2社に、それぞれ鹿島東北支店の元幹部が、顧問や社長として再就職していることが20日、関係者への取材で分かった。2社は2004年に胆沢ダム(岩手県奥州市)本体工事を鹿島から下請け受注していた。
 同じく同工事を下請け受注した水谷建設(三重県桑名市)の元幹部らは、受注後に小沢氏側に5000万円を渡したと供述。特捜部は、ほかのゼネコンからも資金提供があった可能性があるとみて、鹿島や2社など参入業者から事情聴取している。
 特捜部は13日、政治資金規正法違反事件の関係先として、鹿島の本社や東北支店を家宅捜索。19日には、中堅ゼネコンの宮本組(兵庫県姫路市)、山崎建設(東京都中央区)を捜索した。
 関係者によると、宮本組は、同工事の当時、東北地方の談合仕切り役だったとされる鹿島東北支店元幹部を、08年1月に顧問として採用した。元幹部の自宅も今月13日に捜索を受けた。
 宮本組関係者によると、元幹部はほとんど出勤せず、勤務実態はないという。
 山崎建設は08年に会社更生手続きを開始。昨年5月、専門知識を持つ「事業家管財人」に東北支店長を務めた鹿島元役員が選ばれ、同10月に社長に就任した。山崎建設の広報資料によると、同管財人の人選は同社が進め、最終的に東京地裁が選任した。
 関係者によると元役員は、水谷建設などの下請け受注が談合により決まったとされる03年ごろ、鹿島東北支店長を務め、仕切り役だった元支店幹部の上司だった。 

【関連ニュース
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

民主党やテレ朝に銃弾?入り封筒 小沢幹事長絡みの文書同封(産経新聞)
滋賀・草津にイチゴ香る商店街 立命大構想 空き店舗に栽培工場(産経新聞)
「おれはやくざだ」渋谷の飲食店に強盗(産経新聞)
<警視庁>45歳警部が電車で痴漢容疑…書類送検・辞職(毎日新聞)
工事の前払い金制度悪用 詐欺で2被告に実刑判決(産経新聞)

小沢事件で「検察批判」の政務官らを追及へ 自民(産経新聞)

 自民党は19日、18日に民主党2回生議員が開いた東京地検の捜査を批判する会合に一部政務官が出席したことを通常国会で追及していく方針を決めた。

 川崎二郎国対委員長は19日夕、「内閣の一員が検察批判することに違和感がある。鳩山由紀夫首相の『戦ってください』発言で(検察批判は)民主党公認だと思っているのだろうが、とても中立とは思えない」と批判。逮捕された石川知裕衆院議員についても「無罪を訴えるならば離党して中立的立場に置くべきだ」と述べた。

【関連記事】
「品性に欠ける」民主検察批判チームに自民大島氏
首相の「検察批判」 不適切であり撤回求める
小沢氏問題で民主に「暗闘の予兆」 世論調査結果に動揺
鳩山首相「戦ってください」発言に批判集中
全面戦争だ! 小沢氏続投に異論なし

<診療報酬不正受給>山本被告が保釈に(毎日新聞)
大寒 太宰府天満宮では飛梅ほころぶ(毎日新聞)
<訃報>小紫芳夫さん82歳=前臓器移植ネットワーク会長(毎日新聞)
胆沢ダム工事受注の「宮本組」へ 談合仕切り役“天下り” 下請け捜索(産経新聞)
小沢氏聴取、早期実現を=鳩山首相(時事通信)

普天間移設、現行案で決着も=岡田外相(時事通信)

機密費2・5億支出、河村元官房長官を背任で告発(読売新聞)

 麻生内閣の官房長官だった河村建夫衆院議員(67)(自民)が昨年8月の衆院選の2日後、2億5000万円の官房機密費の支出を受けた問題で、大阪市の市民団体「公金の違法な使用をただす会」(小林君夫代表)は18日、河村氏について背任容疑などで東京地検に告発状を提出した。

 告発状によると、河村氏は昨年9月1日、官房機密費として通常の月の2・5倍に当たる2億5000万円の支出を受け、目的外の用途に使用し、国に損害を与えたとしている。

<ノリ養殖>色落ち深刻、養殖網の一部撤去始まる/栄養塩不足が原因か(毎日新聞)
鳩山首相は無言 恒例の「初釜」キャンセル(産経新聞)
建設業者の妻刺され死亡=出頭の46歳男逮捕−静岡県警(時事通信)
<ブルジュ・ハリファ>124階は浮遊感…雲に手届きそう(毎日新聞)
ハイチに自衛官派遣(時事通信)

岩崎氏ら2人に日本国際賞=新方式のHDD開発など(時事通信)

 国際科学技術財団(理事長・吉川弘之元東大学長)は15日、2010年の日本国際賞を工業生産・生産技術分野で東北工業大理事長(東北大名誉教授)の岩崎俊一氏(83)、生物生産・生命環境分野で米スタンフォード大生物学部教授のピーター・ビトーセク氏(60)に授与すると発表した。
 岩崎氏は1977年、コンピューターのハードディスク駆動装置(HDD)の「垂直磁気記録方式」を開発し、小型化・大容量化に貢献した。同方式のHDDは06年から主要メーカーによる量産が始まった。
 岩崎氏は「自分の発明が工業生産され、多くの人の生活を支えていることは、研究者冥利(みょうり)に尽きる」と述べた。
 ビトーセク氏は、農業で肥料をまいたり、化石燃料を燃やして放出されたりする窒素が、炭素やリンなどの栄養素の循環に影響を与えていることを解明。「生物地球化学」の確立と地球環境問題の解決に貢献した。 

山口組淡海一家の幹部ら8人逮捕 滋賀県警(産経新聞)
陸山会の土地購入費、石川議員が通帳に目印「住」(読売新聞)
<大藪春彦賞>樋口明雄さんと道尾秀介さんに(毎日新聞)
小沢問題で首相「問題あっても国民は民主を選んだ」(産経新聞)
「お騒がせ、率直に遺憾の意」党大会で首相(読売新聞)

羽賀研二被告の知人の元歯科医、偽証罪を否認 恐喝未遂初公判(産経新聞)

 未公開株売買をめぐる詐欺と恐喝未遂の罪に問われたタレントの羽賀研二(本名・當真美喜男)被告(48)=1審無罪、検察が控訴=の公判でうその証言をしたとして、偽証罪に問われた元歯科医、徳永数馬被告(48)の初公判が19日、大阪地裁(並木正男裁判長)であった。

 徳永被告は「私はうそをついた覚えはありません」と述べ、起訴内容を否認した。また、弁護人は起訴状に書かれた被告の公判での証言内容についても「一致する証言はしていない」と否認し、無罪を主張した。

 起訴状によると、徳永被告は平成20年8月、大阪地裁で開かれた公判で、事件当時は沖縄県の歯科診療所で常勤していたが、「東京都の飲食店に1週間に1、2度の頻度で行き、被害者と会った」と証言。さらに羽賀被告の結婚式に出席するなど親密な関係だったにもかかわらず、「単に面識がある程度」と偽証したとされる。

【関連記事】
芸能界のヤクザ人脈にメス? 羽賀裁判“泥仕合”のウラ
検察側「犯行は明白」 羽賀研二被告の控訴審初公判
あの涙も演技だった!?羽賀研二、無罪一転がけっぷち
証人が偽証罪?羽賀研二被告、一転有罪も
偽証罪で証人を在宅起訴、羽賀被告「無罪」の決め手 大阪地検

<日教組>加入率27.1% 過去最低を更新(毎日新聞)
児童相談所新設求め署名 大田区 都議会に請願書提出へ(産経新聞)
<大豆>理研などがゲノム解読 品種改良の効率化に期待(毎日新聞)
<訃報>小紫芳夫さん82歳=前臓器移植ネットワーク会長(毎日新聞)
旧知の議員に「死にたい」 石川容疑者、不安漏らす(産経新聞)

「ガンブラー」被害拡大 OSを常に最新の状態に ユーザーも自己管理必要(産経新聞)

 企業のウェブサイトを改竄(かいざん)する被害が相次ぐコンピューターウイルス「ガンブラー」。改竄サイトにアクセスすると自動的に不正サイトに移動し、ウイルスをダウンロードさせられて感染する恐れがある。不正サイトへの移動と感染は外見上、見えないため、一般ユーザーは注意が必要だ。被害に遭わないためには基本ソフト(OS)や使用しているアプリケーションソフトを最新の状態にしていくことが大切だ。(森本昌彦)

 ◆知らずにダウンロード

 ウイルス対策ソフトを販売するトレンドマイクロ東京都渋谷区)がまとめた、昨年1〜12月の不正プログラム感染被害報告数ランキングによると、ガンブラーが発端となって不正サイトからダウンロードさせられた2種類のウイルスが4位と8位に入っていた。

 いずれもウェブサーバーなどからIDやパスワードを盗む特徴を持つウイルス。1種類についてはウイルス対策ソフトの動作を止める機能もあるという。ウイルスに感染したユーザーがウェブサイトを運営している場合、さらにサイトが改竄される恐れがある。別のユーザーがそのサイトにアクセスすると、さらにウイルスに感染する可能性があるため、被害が連鎖すると考えられる。

 やっかいなのは、ガンブラーを埋め込まれた正規サイトから不正なサイトに飛んだとしても、不正なサイトは画面には表示されないことだ。このため、ユーザーは不正なサイトにアクセスしたと気付きにくく、知らないうちにウイルスをダウンロードしている可能性がある。

 ◆使用ソフト把握を

 こうした被害に遭わないためには、どうすればいいのか。ダウンロードしたウイルスはコンピューターソフトの弱点を突き、感染する。まずは「Windows」などコンピューターのOSを常に最新の状態にしておく必要がある。OS以外のアプリケーションソフトもアップデートしておかないといけない。

 トレンドマイクロの担当者は「アプリケーションソフトの中には自動的に最新の状態に更新できず、自分でサイトに接続して更新する必要のあるものもある。このため、自分が使っているアプリケーションが何なのかを把握してください」と呼びかける。

 また、ウイルスをダウンロードしたかどうかを把握するため、ウイルス対策ソフトで定期的にコンピューター内を検索することも必要だ。最近では、不正なサイトに自動的にアクセスされるのを防ぐ機能を持つソフトもある。

 ウイルス対策ソフトがない場合は、オンライン上でウイルスを検索することもできる。ウイルス対策ソフトメーカーなどが無償で利用できるサービスを提供しており、窮余の策としてはいいだろう。

 いずれにしても、自己管理の徹底が求められているようだ。

                   ◇

 ■こんなチェック方法も…

 情報処理推進機構(IPA、東京都文京区)の「2009年度 情報セキュリティの脅威に対する意識調査」によると、ソフトを最新状態に更新していない人にその理由を聞いたところ、24・2%が「手間がかかる」、42・5%が「更新方法が分からない」と回答している。

 このため、IPAは簡単な操作でソフトが最新の状態であるかどうかをチェックできるツール「MyJVNバージョンチェッカ」を開発し、公開している。現在7種類のソフトについて判定が可能。最新の状態になっていない場合は「×最新のバージョンではありません」と表示される。

「命にかかわる事業以外は廃止」=夕張派遣職員らが意見交換−愛知県春日井市(時事通信)
<土地購入事件>閣僚からの批判なく 一部で検察への疑念も(毎日新聞)
<子ども手当>自治体側と協議を 茅ケ崎市長ら申し入れ(毎日新聞)
「終わって安堵している」=海自部隊、最後の給油−相手国から「ジャパンコール」(時事通信)
<名護市長選>新人、現職の争いに 普天間争点、与野党対決(毎日新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。